後遺症の悩み

交通事故のむち打ちの後遺症の悩みについて見ていきましょう。
むち打ちというのは、頸椎捻挫のことを言います。
車の追突事故などによって、鞭のように首が大きく前後にしなることで、首の骨の周りにある軟部組織の靭帯などが傷ついてしまうものです。
治療を適切に行うことによって、むち打ちは数ヶ月で治ることも多くあります。
しかしながら、何年にもわたってなかなか治らない場合や、重篤な脚や腕が麻痺するなどの場合もあり、相当やっかいなものと言えるでしょう。

発症の範囲や痛みの程度も個人によって非常に違っており、背中から肩にかけての痛み、めまい、腕の痺れなどを伴う場合もあり、このようなむち打ちの後遺症で悩んでいる人が多く来院しています。
交通事故の後遺症の場合、ひどい出血性の外傷でない場合でも、症状が回復しないで治療が長引いて悩んでいる人が多くいます。
異常が骨には無いが、受傷した後の3週間~4週間、あるいは1ヶ月~2ヶ月が経過しても肩や首が痛いため完全に回すことができない、緊張性の頭痛症状や筋肉のこわばりが治らない、などというような場合があります。

しかも、一般的に、症状がよほど重症でなければ、保険会社の査定の場合には治療打ち切りの目安は受傷してから6ヶ月であると言われています。
治療が長引くと、日常生活や仕事にもその分支障が出てきます。
本サイトでは、後遺症の悩みの相談、鍼灸整骨院がおすすめ、後遺症で悩む理由、についてご紹介します。